万葉集 第8巻 1461番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1461番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1461番歌

第8巻
歌番号1461番歌
作者紀小鹿(紀女郎)
題詞(紀女郎贈大伴宿祢家持歌二首)
原文晝者咲 夜者戀宿 合歡木花 君耳将見哉 和氣佐倍尓見代
訓読昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花君のみ見めや戯奴さへに見よ
かなひるはさき よるはこひぬる ねぶのはな きみのみみめや わけさへにみよ
英語(ローマ字)HIRUHASAKI YORUHAKOHINURU NEBUNOHANA KIMINOMIMIMEYA WAKESAHENIMIYO
ご主君に私めは恋いこがれているのでしょうか。ちょうだいした茅花を食べましたが、太るどころか痩せる一方でございます。
左注右折<攀>合歡花并茅花贈也
校異擧 攀 [細][温][矢][京]
用語春相聞、作者:紀女郎、大伴家持、贈答、植物
タイトルとURLをコピーしました