万葉集 第8巻 1532番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1532番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1532番歌

第8巻
歌番号 1532番歌
作者 笠金村
題詞 笠朝臣金村伊香山作歌二首
原文 草枕 客行人毛 徃觸者 尓保比奴倍久毛 開流芽子香聞
訓読 草枕旅行く人も行き触ればにほひぬべくも咲ける萩かも
かな くさまくら たびゆくひとも ゆきふれば にほひぬべくも さけるはぎかも
英語(ローマ字) KUSAMAKURA TABIYUKUHITOMO YUKIFUREBA NIHOHINUBEKUMO SAKERUHAGIKAMO
草枕、旅行く人の袖に触れたら今にも染められんと思えるほど一面に萩が咲き乱れている。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:笠金村、滋賀県、塩津、羈旅、土地讃美、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました