万葉集 第8巻 1426番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1426番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1426番歌

第8巻
歌番号1426番歌
作者山部赤人
題詞(山部宿祢赤人歌四首)
原文吾勢子尓 令見常念之 梅花 其十方不所見 雪乃零有者
訓読我が背子に見せむと思ひし梅の花それとも見えず雪の降れれば
かなわがせこに みせむとおもひし うめのはな それともみえず ゆきのふれれば
英語(ローマ字)WAGASEKONI MISEMUTOOMOHISHI UMENOHANA SORETOMOMIEZU YUKINOFUREREBA
(これが)彼女が私に見せようと思っていた梅の花なのだろうか。そうとは分からぬほど雪が降っていてどれがその梅の木なのか分からない。
左注
校異
用語春雑歌、作者:山部赤人、野遊び、植物
タイトルとURLをコピーしました