万葉集 第8巻 1573番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1573番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1573番歌

第8巻
歌番号 1573番歌
作者 大伴利上
題詞 大伴利上歌一首
原文 秋之雨尓 所沾乍居者 雖賎 吾妹之屋戸志 所念香聞
訓読 秋の雨に濡れつつ居ればいやしけど我妹が宿し思ほゆるかも
かな あきのあめに ぬれつつをれば いやしけど わぎもがやどし おもほゆるかも
英語(ローマ字) AKINOAMENI NURETSUTSUWOREBA IYASHIKEDO WAGIMOGAYADOSHI OMOHOYURUKAMO
秋雨に濡れて佇んでいると、粗末ながらもかわいい彼女の家の庭が目に浮かぶ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:大伴利上、恋情
タイトルとURLをコピーしました