万葉集 第8巻 1463番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1463番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1463番歌

第8巻
歌番号1463番歌
作者大伴家持
題詞(大伴家持贈和歌二首)
原文吾妹子之 形見乃合歡木者 花耳尓 咲而盖 實尓不成鴨
訓読我妹子が形見の合歓木は花のみに咲きてけだしく実にならじかも
かなわぎもこが かたみのねぶは はなのみに さきてけだしく みにならじかも
英語(ローマ字)WAGIMOKOGA KATAMINONEBUHA HANANOMINI SAKITEKEDASHIKU MININARAJIKAMO
春霞がたなびく山に隔てられていて、(奈良にいる)あなたに逢わないまま月日が経ってしまいました。
左注
校異
用語春相聞、作者:大伴家持、和歌、紀女郎、植物、贈答
タイトルとURLをコピーしました