万葉集 第8巻 1556番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1556番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1556番歌

第8巻
歌番号 1556番歌
作者 忌部黒麻呂
題詞 忌部首黒麻呂歌一首
原文 秋田苅 借蘆毛未壊者 鴈鳴寒 霜毛置奴我二
訓読 秋田刈る刈廬もいまだ壊たねば雁が音寒し霜も置きぬがに
かな あきたかる かりいほもいまだ こほたねば かりがねさむし しももおきぬがに
英語(ローマ字) AKITAKARU KARIIHOMOIMADA KOHOTANEBA KARIGANESAMUSHI SHIMOMOOKINUGANI
秋田の収穫用に作った作業小屋もまだ取り壊していないのに、早くも雁が寒々とした鳴き声を発している。このぶんだと霜が降りかねない。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:忌部黒麻呂、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました