万葉集 第8巻 1503番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1503番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1503番歌

第8巻
歌番号1503番歌
作者紀豊河
題詞紀朝臣豊河歌一首
原文吾妹兒之 家乃垣内乃 佐由理花 由利登云者 不<欲>云二似
訓読我妹子が家の垣内のさ百合花ゆりと言へるはいなと言ふに似る
かなわぎもこが いへのかきつの さゆりばな ゆりといへるは いなといふににる
英語(ローマ字)WAGIMOKOGA IHENOKAKITSUNO SAYURIBANA YURITOIHERUHA INATOIFUNINIRU
忙しくて花橘の見頃の五月でさえ、彼女の家の花橘も見ずじまいになってしまいそうだよ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 内乃 [類][紀](塙) 内 / 歌(謌) 欲 [新訓]
用語夏相聞、作者:紀豊河、植物
タイトルとURLをコピーしました