万葉集 第8巻 1503番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1503番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1503番歌

第8巻
歌番号 1503番歌
作者 紀豊河
題詞 紀朝臣豊河歌一首
原文 吾妹兒之 家乃垣内乃 佐由理花 由利登云者 不<欲>云二似
訓読 我妹子が家の垣内のさ百合花ゆりと言へるはいなと言ふに似る
かな わぎもこが いへのかきつの さゆりばな ゆりといへるは いなといふににる
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA IHENOKAKITSUNO SAYURIBANA YURITOIHERUHA INATOIFUNINIRU
忙しくて花橘の見頃の五月でさえ、彼女の家の花橘も見ずじまいになってしまいそうだよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 内乃 [類][紀](塙) 内 / 歌(謌) 欲 [新訓]
用語 夏相聞、作者:紀豊河、植物
タイトルとURLをコピーしました