万葉集 第8巻 1420番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1420番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1420番歌

第8巻
歌番号1420番歌
作者駿河釆女
題詞駿河釆女歌一首
原文沫雪香 薄太礼尓零登 見左右二 流倍散波 何物之花其毛
訓読沫雪かはだれに降ると見るまでに流らへ散るは何の花ぞも
かなあわゆきか はだれにふると みるまでに ながらへちるは なにのはなぞも
英語(ローマ字)AWAYUKIKA HADARENIFURUTO MIRUMADENI NAGARAHECHIRUHA NANINOHANAZOMO
淡雪がはらはらと降ってきたかと思えるほど、流れ散るはなびらは何の花だろう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語春雑歌、作者:駿河釆女、雪
タイトルとURLをコピーしました