万葉集 第8巻 1586番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1586番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1586番歌

第8巻
歌番号 1586番歌
作者 縣犬養持男
題詞 (橘朝臣奈良麻呂結集宴歌十一首)
原文 黄葉乎 落巻惜見 手折来而 今夜挿頭津 何物可将念
訓読 黄葉を散らまく惜しみ手折り来て今夜かざしつ何か思はむ
かな もみちばを ちらまくをしみ たをりきて こよひかざしつ なにかおもはむ
英語(ローマ字) MOMICHIBAWO CHIRAMAKUWOSHIMI TAWORIKITE KOYOHIKAZASHITSU NANIKAOMOHAMU
黄葉が散ってしまうのが惜しいので、手折ってきて今夜かざし十分堪能しました。もう思い残すことはありません。
左注 右一首縣犬養宿祢持男( / 以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也)
校異
用語 秋雑歌、作者:縣犬養持男、橘奈良麻呂、宴席、天平10年10月17日、年紀、植物
タイトルとURLをコピーしました