万葉集 第8巻 1519番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1519番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1519番歌

第8巻
歌番号 1519番歌
作者 山上憶良
題詞 (山上<臣>憶良七夕歌十二首)
原文 久方之 漢<瀬>尓 船泛而 今夜可君之 我許来益武
訓読 久方の天の川瀬に舟浮けて今夜か君が我がり来まさむ
かな ひさかたの あまのかはせに ふねうけて こよひかきみが わがりきまさむ
英語(ローマ字) HISAKATANO AMANOKAHASENI FUNEUKETE KOYOHIKAKIMIGA WAGARIKIMASAMU
天の川の瀬に舟を浮かべ、今夜あの方が私の所に来て下さる。
左注 右神亀元年七月七日夜左大臣宅
校異 漢 [京] 天漢 / <> 瀬 [類][矢]
用語 秋雑歌、作者:山上憶良、七夕
タイトルとURLをコピーしました