万葉集 第8巻 1494番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1494番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1494番歌

第8巻
歌番号 1494番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴家持霍公鳥歌二首
原文 夏山之 木末乃繁尓 霍公鳥 鳴響奈流 聲之遥佐
訓読 夏山の木末の茂に霍公鳥鳴き響むなる声の遥けさ
かな なつやまの こぬれのしげに ほととぎす なきとよむなる こゑのはるけさ
英語(ローマ字) NATSUYAMANO KONURENOSHIGENI HOTOTOGISU NAKITOYOMUNARU KOゑNOHARUKESA
山の木立の間を飛び回ってホトトギスが鳴いている。ひとたび聞いたからにはあとあとその声が恋しくなるだろうな。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏雑歌、作者:大伴家持、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました