万葉集 第8巻 1570番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1570番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1570番歌

第8巻
歌番号 1570番歌
作者 藤原八束
題詞 藤原朝臣八束歌二首
原文 此間在而 春日也何處 雨障 出而不行者 戀乍曽乎流
訓読 ここにありて春日やいづち雨障み出でて行かねば恋ひつつぞ居る
かな ここにありて かすがやいづち あまつつみ いでてゆかねば こひつつぞをる
英語(ローマ字) KOKONIARITE KASUGAYAIDUCHI AMATSUTSUMI IDETEYUKANEBA KOHITSUTSUZOWORU
家にこもっているが、春日はどちらの方向だろう。雨に妨げられて出かけるに出かけられず、じっと恋いこがれているばかりです。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:藤原八束、奈良、鬱屈、雨隠、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました