長屋王が書いた万葉集

長屋王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 5 首

歌番号 本歌
第1巻75番歌 宇治間山朝風寒し旅にして衣貸すべき妹もあらなくに
第3巻268番歌 我が背子が古家の里の明日香には千鳥鳴くなり妻待ちかねて
第3巻300番歌 佐保過ぎて奈良の手向けに置く幣は妹を目離れず相見しめとぞ
第3巻301番歌 岩が根のこごしき山を越えかねて音には泣くとも色に出でめやも
第8巻1517番歌 味酒三輪のはふりの山照らす秋の黄葉の散らまく惜しも
タイトルとURLをコピーしました