万葉集 第3巻 268番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻268番歌はこちらにまとめました。

第3巻 268番歌

第3巻
歌番号 268番歌
作者 長屋王
題詞 長屋王故郷歌一首
原文 吾背子我 古家乃里之 明日香庭 乳鳥鳴成 <嬬>待不得而
訓読 我が背子が古家の里の明日香には千鳥鳴くなり妻待ちかねて
かな わがせこが ふるへのさとの あすかには ちどりなくなり つままちかねて
英語(ローマ字) WAGASEKOGA FURUHENOSATONO ASUKANIHA CHIDORINAKUNARI TSUMAMACHIKANETE
君が住んでいた旧家のある里、ここ明日香には千鳥が鳴いている。ここの主人を待ちかねて。
左注 右今案従明日香遷藤原宮之後作此歌歟
校異 嶋 嬬 [注釈] / 歌 [西] 謌 [西(右書)] 歌
用語 雑歌、作者:長屋王、望郷、故郷、荒都歌、飛鳥、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました