万葉集 第3巻 269番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻269番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 269番歌

第3巻
歌番号269番歌
作者阿倍女郎
題詞阿倍女郎屋部坂歌一首
原文人不見者 我袖用手 将隠乎 所焼乍可将有 不服而来来
訓読人見ずは我が袖もちて隠さむを焼けつつかあらむ着ずて来にけり
かなひとみずは わがそでもちて かくさむを やけつつかあらむ きずてきにけり
英語(ローマ字)HITOMIZUHA WAGASODEMOCHITE KAKUSAMUWO YAKETSUTSUKAARAMU KIZUTEKINIKERI
人様は見てなどいないでしょう。私が袖で赤茶けかけた袿(うちき)(下着)を隠していても。でも(恥ずかしいから)その袿(うちき)は着ないできました。
左注
校異来来 [紀][細] 来々
用語雑歌、作者:阿倍女郎、難解、恋愛、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました