万葉集 第3巻 282番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻282番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 282番歌

第3巻
歌番号 282番歌
作者 春日倉老(春日老)
題詞 春日蔵首老歌一首
原文 角障經 石村毛不過 泊瀬山 何時毛将超 夜者深去通都
訓読 つのさはふ磐余も過ぎず泊瀬山いつかも越えむ夜は更けにつつ
かな つのさはふ いはれもすぎず はつせやま いつかもこえむ よはふけにつつ
英語(ローマ字) TSUNOSAHAFU IHAREMOSUGIZU HATSUSEYAMA ITSUKAMOKOEMU YOHAFUKENITSUTSU
夜が更けてきているのに、まだ磐余も越していない。いったいいつになったらその先の泊瀬山を越えられるだろう。
左注
校異
用語 雑歌、作者:春日老、羈旅、飛鳥、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました