万葉集 第3巻 282番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻282番歌はこちらにまとめました。

第3巻 282番歌

第3巻
歌番号 282番歌
作者 春日倉老(春日老)
題詞 春日蔵首老歌一首
原文 角障經 石村毛不過 泊瀬山 何時毛将超 夜者深去通都
訓読 つのさはふ磐余も過ぎず泊瀬山いつかも越えむ夜は更けにつつ
かな つのさはふ いはれもすぎず はつせやま いつかもこえむ よはふけにつつ
英語(ローマ字) TSUNOSAHAFU IHAREMOSUGIZU HATSUSEYAMA ITSUKAMOKOEMU YOHAFUKENITSUTSU
夜が更けてきているのに、まだ磐余も越していない。いったいいつになったらその先の泊瀬山を越えられるだろう。
左注
校異
用語 雑歌、作者:春日老、羈旅、飛鳥、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました