万葉集 第3巻 466番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻466番歌はこちらにまとめました。

第3巻 466番歌

第3巻
歌番号 466番歌
作者 大伴家持
題詞 又家持作歌一首[并短歌]
原文 吾屋前尓 花曽咲有 其乎見杼 情毛不行 愛八師 妹之有世婆 水鴨成 二人雙居 手折而毛 令見麻思物乎 打蝉乃 借有身在者 <露>霜乃 消去之如久 足日木乃 山道乎指而 入日成 隠去可婆 曽許念尓 胸己所痛 言毛不得 名付毛不知 跡無 世間尓有者 将為須辨毛奈思
訓読 我がやどに 花ぞ咲きたる そを見れど 心もゆかず はしきやし 妹がありせば 水鴨なす ふたり並び居 手折りても 見せましものを うつせみの 借れる身なれば 露霜の 消ぬるがごとく あしひきの 山道をさして 入日なす 隠りにしかば そこ思ふに 胸こそ痛き 言ひもえず 名づけも知らず 跡もなき 世間にあれば 為むすべもなし
かな わがやどに はなぞさきたる そをみれど こころもゆかず はしきやし いもがありせば みかもなす ふたりならびゐ たをりても みせましものを うつせみの かれるみなれば つゆしもの けぬるがごとく あしひきの やまぢをさして いりひなす かくりにしかば そこもふに むねこそいたき いひもえず なづけもしらず あともなき よのなかにあれば せむすべもなし
英語(ローマ字) WAGAYADONI HANAZOSAKITARU SOWOMIREDO KOKOROMOYUKAZU HASHIKIYASHI IMOGAARISEBA MIKAMONASU FUTARINARABIゐ TAWORITEMO MISEMASHIMONOWO UTSUSEMINO KARERUMINAREBA TSUYUSHIMONO KENURUGAGOTOKU ASHIHIKINO YAMADIWOSASHITE IRIHINASU KAKURINISHIKABA SOKOMOFUNI MUNEKOSOITAKI IHIMOEZU NADUKEMOSHIRAZU ATOMONAKI YONONAKANIAREBA SEMUSUBEMONASHI
庭先にナデシコの花が咲いた。それを見ても心なごまず。あの愛してやまなかったあの子が生きていてくれたら、水に浮かぶ鴨のようにふたりで並んで立ち、ナデシコの花を手折って見せられたのに。われわれはこの世の仮の身。露や霜のように消えて行く。山路の向こうに消えて行く夕日のように隠れていく。それを思うと、胸が痛み、言いようもなく、名付けようのない気持になる。消えて跡形もないこの世であれば為す術がない。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 / 霑 露 [類]
用語 挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、植物、枕詞、無常、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました