万葉集 第3巻 416番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻416番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 416番歌

第3巻
歌番号416番歌
作者大津皇子
題詞大津皇子被死之時磐余池<陂>流涕御作歌一首
原文百傳 磐余池尓 鳴鴨乎 今日耳見哉 雲隠去牟
訓読百伝ふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ
かなももづたふ いはれのいけに なくかもを けふのみみてや くもがくりなむ
英語(ローマ字)MOMODUTAFU IHARENOIKENI NAKUKAMOWO KEFUNOMIMITEYA KUMOGAKURINAMU
磐余の池に鳴く鴨を見納めにして私はあの世に旅立とう。
左注右藤原宮朱鳥元年冬十月
校異般 陂 [類][紀]
用語挽歌、作者:大津皇子、枕詞、動物、桜井、地名、辞世
タイトルとURLをコピーしました