万葉集 第3巻 473番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻473番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 473番歌

第3巻
歌番号473番歌
作者大伴家持
題詞(悲緒未息更作歌五首)
原文佐保山尓 多奈引霞 毎見 妹乎思出 不泣日者無
訓読佐保山にたなびく霞見るごとに妹を思ひ出泣かぬ日はなし
かなさほやまに たなびくかすみ みるごとに いもをおもひで なかぬひはなし
英語(ローマ字)SAHOYAMANI TANABIKUKASUMI MIRUGOTONI IMOWOOMOHIDE NAKANUHIHANASHI
佐保山にたなびく霞を見るたびに、妻を思いだし、泣かない日はない。
左注
校異
用語挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、奈良、地名、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました