万葉集 第3巻 430番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻430番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 430番歌

第3巻
歌番号430番歌
作者柿本人麻呂
題詞(溺死出雲娘子火葬吉野時柿本朝臣人麻呂作歌二首)
原文八雲刺 出雲子等 黒髪者 吉野川 奥名豆颯
訓読八雲さす出雲の子らが黒髪は吉野の川の沖になづさふ
かなやくもさす いづものこらが くろかみは よしののかはの おきになづさふ
英語(ローマ字)YAKUMOSASU IDUMONOKORAGA KUROKAMIHA YOSHINONOKAHANO OKININADUSAFU
八雲さす出雲の国のあの子の黒髪は吉野川の沖にただよっている。
左注
校異
用語挽歌、作者:柿本人麻呂、出雲娘子、吉野、地名
タイトルとURLをコピーしました