万葉集 第3巻 313番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻313番歌はこちらにまとめました。

第3巻 313番歌

第3巻
歌番号 313番歌
作者 刀理宣令(土理宣令)
題詞 土理宣令歌一首
原文 見吉野之 瀧乃白浪 雖不知 語之告者 古所念
訓読 み吉野の滝の白波知らねども語りし継げばいにしへ思ほゆ
かな みよしのの たきのしらなみ しらねども かたりしつげば いにしへおもほゆ
英語(ローマ字) MIYOSHINONO TAKINOSHIRANAMI SHIRANEDOMO KATARISHITSUGEBA INISHIHEOMOHOYU
み吉野の滝の白波はまだ見たことがないので知らないけれど、語り継がれているので旧都がしのばれる。
左注
校異
用語 雑歌、作者:土理宣令、吉野、地名
タイトルとURLをコピーしました