万葉集 第3巻 265番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻265番歌はこちらにまとめました。

第3巻 265番歌

第3巻
歌番号 265番歌
作者 長意吉麻呂
題詞 長忌寸奥麻呂歌一首
原文 苦毛 零来雨可 神之埼 狭野乃渡尓 家裳不有國
訓読 苦しくも降り来る雨か三輪の崎狭野の渡りに家もあらなくに
かな くるしくも ふりくるあめか みわのさき さののわたりに いへもあらなくに
英語(ローマ字) KURUSHIKUMO FURIKURUAMEKA MIWANOSAKI SANONOWATARINI IHEMOARANAKUNI
鬱陶しいことよなあ。雨が降ってきた。三輪の崎狭野の渡し場に雨宿りする家もない。
左注
校異
用語 雑歌、作者:長意吉麻呂、羈旅、和歌山、苦難、地名
タイトルとURLをコピーしました