万葉集 第3巻 469番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻469番歌はこちらにまとめました。

第3巻 469番歌

第3巻
歌番号469番歌
作者大伴家持
題詞((又家持作歌一首[并短歌])反歌)
原文妹之見師 屋前尓花咲 時者經去 吾泣涙 未干尓
訓読妹が見しやどに花咲き時は経ぬ我が泣く涙いまだ干なくに
かないもがみし やどにはなさき ときはへぬ わがなくなみた いまだひなくに
英語(ローマ字)IMOGAMISHI YADONIHANASAKI TOKIHAHENU WAGANAKUNAMITA IMADAHINAKUNI
妻が植えたナデシコの花も咲き、月日は過ぎた。けれども、私が泣く涙はいまだに乾かない。
左注
校異
用語挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました