万葉集 第3巻 289番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻289番歌はこちらにまとめました。

第3巻 289番歌

第3巻
歌番号 289番歌
作者 間人大浦
題詞 間人宿祢大浦初月歌二首
原文 天原 振離見者 白真弓 張而懸有 夜路者将吉
訓読 天の原振り放け見れば白真弓張りて懸けたり夜道はよけむ
かな あまのはら ふりさけみれば しらまゆみ はりてかけたり よみちはよけむ
英語(ローマ字) AMANOHARA FURISAKEMIREBA SHIRAMAYUMI HARITEKAKETARI YOMICHIHAYOKEMU
夜空を仰ぎ見れば、弓を張ったような三日月が輝いている。このぶんなら夜道は大丈夫だろう。
左注
校異
用語 雑歌、作者:間人大浦、恋歌
タイトルとURLをコピーしました