万葉集 第3巻 260番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻260番歌はこちらにまとめました。

第3巻 260番歌

第3巻
歌番号 260番歌
作者 鴨足人
題詞 (鴨君足人香具山歌一首[并短歌])或本歌云
原文 天降就 神乃香山 打靡 春去来者 櫻花 木暗茂 松風丹 池浪飆 邊都遍者 阿遅村動 奥邊者 鴨妻喚 百式乃 大宮人乃 去出 榜来舟者 竿梶母 無而佐夫之毛 榜与雖思
訓読 天降りつく 神の香具山 うち靡く 春さり来れば 桜花 木の暗茂に 松風に 池波立ち 辺つ辺には あぢ群騒き 沖辺には 鴨妻呼ばひ ももしきの 大宮人の 退り出て 漕ぎける船は 棹楫も なくて寂しも 漕がむと思へど
かな あもりつく かみのかぐやま うちなびく はるさりくれば さくらばな このくれしげに まつかぜに いけなみたち へつへには あぢむらさわき おきへには かもつまよばひ ももしきの おほみやひとの まかりでて こぎけるふねは さをかぢも なくてさぶしも こがむとおもへど
英語(ローマ字) AMORITSUKU KAMINOKAGUYAMA UCHINABIKU HARUSARIKUREBA SAKURABANA KONOKURESHIGENI MATSUKAZENI IKENAMITACHI HETSUHENIHA ADIMURASAWAKI OKIHENIHA KAMOTSUMAYOBAHI MOMOSHIKINO OHOMIYAHITONO MAKARIDETE KOGIKERUFUNEHA SAWOKADIMO NAKUTESABUSHIMO KOGAMUTOOMOHEDO
天から降ってきたという香具山。草木も靡く春になると、木々の茂みに桜が咲き誇る。松風を受けて池が波立ち、岸辺では.トモエガモが群騒ぐ。池の沖の方では鴨が妻を呼び立てて鳴く。宮仕えの人々が退出すると(去ってしまうと)、漕ぎ出ようにも船には梶(かじ))や棹(さお)もなくて寂しい。漕ごうと思っても。
左注 右今案 遷都寧樂之後怜舊作此歌歟
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:鴨足人、哀惜、荒都歌、高市皇子、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました