万葉集 第3巻 261番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻261番歌はこちらにまとめました。

第3巻 261番歌

第3巻
歌番号 261番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂獻新田部皇子歌一首[并短歌]
原文 八隅知之 吾大王 高輝 日之皇子 茂座 大殿於 久方 天傳来 <白>雪仕物 徃来乍 益及常世
訓読 やすみしし 我が大君 高照らす 日の御子 敷きいます 大殿の上に ひさかたの 天伝ひ来る 雪じもの 行き通ひつつ いや常世まで
かな やすみしし わがおほきみ たかてらす ひのみこ しきいます おほとののうへに ひさかたの あまづたひくる ゆきじもの ゆきかよひつつ いやとこよまで
英語(ローマ字) YASUMISHISHI WAGAOHOKIMI TAKATERASU HINOMIKO SHIKIIMASU OHOTONONOUHENI HISAKATANO AMADUTAHIKURU YUKIJIMONO YUKIKAYOHITSUTSU IYATOKOYOMADE
四方八方を支配なさっている我らが大君(新田部皇子)、照り輝いて日の御子は栄えに栄えます。大殿の上にいらっしゃって。天から降りてくる、降りしきる雪のように、通ってきてお仕えしましょう。いや、いついつまでも。
左注
校異 短歌 [西] 短謌 / 自 白 [類][紀][細]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、新田部皇子、献呈歌、飛鳥、地名、枕詞

解説

題詞は「柿本朝臣人麻呂、新田部皇子(にひたべのみこ)に奉る歌と短歌」という意味。

「朝臣」とは天皇に仕える人や、豪族に与えられた称号。全部で八種類「八色の姓(やくさのかばね)」あり、上から「真人(まひと)、朝臣(あそみ・あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、臣(おみ)、連(むらじ)、稲置(いなぎ)」となる。一番上が「真人」だが、天皇の一族だけが与えられたものなので、次の称号である「朝臣」は一般的に最高の称号という意味になる。

短歌は次の262番歌

新田部皇子は四十代天武天皇の皇子。

「雪じもの」は「降りしきる雪のようなもの」という意味。

タイトルとURLをコピーしました