万葉集 第3巻 262番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻262番歌はこちらにまとめました。

第3巻 262番歌

第3巻
歌番号262番歌
作者柿本人麻呂
題詞(柿本朝臣人麻呂獻新田部皇子歌一首[并短歌])反歌一首
原文矢釣山 木立不見 落乱 雪驪 朝樂毛
訓読矢釣山木立も見えず降りまがふ雪に騒ける朝楽しも
かなやつりやま こだちもみえず ふりまがふ ゆきにさわける あしたたのしも
英語(ローマ字)YATSURIYAMA KODACHIMOMIEZU FURIMAGAFU YUKINISAWAKERU ASHITATANOSHIMO
矢釣山、木立も見えないほど降り乱れ、乱舞する雪の朝は何と心楽しいことだろう。
左注
校異矢 [細] 矣 / 釣 [類][紀][細] 駒 / 驪 [類] 驟
用語雑歌、作者:柿本人麻呂、新田部皇子、献呈歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました