万葉集 第3巻 263番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻263番歌はこちらにまとめました。

第3巻 263番歌

第3巻
歌番号 263番歌
作者 刑部垂麻呂
題詞 従近江國上来時刑部垂麻呂作歌一首
原文 馬莫疾 打莫行 氣並而 見弖毛和我歸 志賀尓安良七國
訓読 馬ないたく打ちてな行きそ日ならべて見ても我が行く志賀にあらなくに
かな うまないたく うちてなゆきそ けならべて みてもわがゆく しがにあらなくに
英語(ローマ字) UMANAITAKU UCHITENAYUKISO KENARABETE MITEMOWAGAYUKU SHIGANIARANAKUNI
馬に鞭打ってまで急がなくとも、幾日もかけて行くまでもない滋賀の国なのだから。
左注
校異
用語 雑歌、作者:刑部垂麻呂、羈旅、土地讃美、滋賀、地名
タイトルとURLをコピーしました