万葉集 第3巻 483番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻483番歌はこちらにまとめました。

第3巻 483番歌

第3巻
歌番号 483番歌
作者 高橋虫麻呂(高橋)
題詞 ((悲傷死妻高橋朝臣作歌一首[并短歌])反歌)
原文 朝鳥之 啼耳鳴六 吾妹子尓 今亦更 逢因矣無
訓読 朝鳥の哭のみし泣かむ我妹子に今またさらに逢ふよしをなみ
かな あさとりの ねのみしなかゆ わぎもこに いままたさらに あふよしをなみ
英語(ローマ字) ASATORINO NENOMISHINAKAYU WAGIMOKONI IMAMATASARANI AFUYOSHIWONAMI
毎朝声をあげて鳴く鳥のように泣いてみても、いとしい妻に再度逢おうにも逢う術がない。
左注 右三首七月廿日高橋朝臣作歌也 名字未審 但云奉膳之男子焉
校異 歌 [西] 謌
用語 挽歌、作者:高橋、古老、老麻呂、亡妻挽歌、枕詞、天平16年7月20日、年紀
タイトルとURLをコピーしました