万葉集 第3巻 324番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻324番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 324番歌

第3巻
歌番号324番歌
作者山部赤人
題詞登神岳山部宿祢赤人作歌一首[并短歌]
原文三諸乃 神名備山尓 五百枝刺 繁生有 都賀乃樹乃 弥継<嗣>尓 玉葛 絶事無 在管裳 不止将通 明日香能 舊京師者 山高三 河登保志呂之 春日者 山四見容之 秋夜者 河四清之 <旦>雲二 多頭羽乱 夕霧丹 河津者驟 毎見 哭耳所泣 古思者
訓読みもろの 神なび山に 五百枝さし しじに生ひたる 栂の木の いや継ぎ継ぎに 玉葛 絶ゆることなく ありつつも やまず通はむ 明日香の 古き都は 山高み 川とほしろし 春の日は 山し見がほし 秋の夜は 川しさやけし 朝雲に 鶴は乱れ 夕霧に かはづは騒く 見るごとに 音のみし泣かゆ いにしへ思へば
かなみもろの かむなびやまに いほえさし しじにおひたる つがのきの いやつぎつぎに たまかづら たゆることなく ありつつも やまずかよはむ あすかの ふるきみやこは やまたかみ かはとほしろし はるのひは やましみがほし あきのよは かはしさやけし あさくもに たづはみだれ ゆふぎりに かはづはさわく みるごとに ねのみしなかゆ いにしへおもへば
英語(ローマ字)MIMORONO KAMUNABIYAMANI IHOESASHI SHIJINIOHITARU TSUGANOKINO IYATSUGITSUGINI TAMAKADURA TAYURUKOTONAKU ARITSUTSUMO YAMAZUKAYOHAMU ASUKANO FURUKIMIYAKOHA YAMATAKAMI KAHATOHOSHIROSHI HARUNOHIHA YAMASHIMIGAHOSHI AKINOYOHA KAHASHISAYAKESHI ASAKUMONI TADUHAMIDARE YUFUGIRINI KAHADUHASAWAKU MIRUGOTONI NENOMISHINAKAYU INISHIHEOMOHEBA
みもろの神なび山に多数の枝を差し出し、繁るツガの木々。次々に延びてゆくカズラのように絶えることなく、ずっと通い続けてお勤めしたい明日香の宮。この古い都は山は高く、川は雄大。春の日々は山を眺めていたい。秋の夜は川が清らかで朝雲に鶴が乱れ飛ぶ。夕霧どきは蛙が騒ぐ。見るたびに泣けてくる、遠い昔を思うと。
左注
校異飼 嗣 [西(右書)][類][紀] / 且 旦 [類][紀][温]
用語雑歌、作者:山部赤人、神丘、神奈備山、飛鳥、荒都、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました