万葉集 第3巻 325番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻325番歌はこちらにまとめました。

第3巻 325番歌

第3巻
歌番号 325番歌
作者 山部赤人
題詞 (登神岳山部宿祢赤人作歌一首[并短歌])反歌
原文 明日香河 川余藤不去 立霧乃 念應過 孤悲尓不有國
訓読 明日香河川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき恋にあらなくに
かな あすかがは かはよどさらず たつきりの おもひすぐべき こひにあらなくに
英語(ローマ字) ASUKAGAHA KAHAYODOSARAZU TATSUKIRINO OMOHISUGUBEKI KOHINIARANAKUNI
明日香川に淀んでいる川淀(かわよど)の霧はやがて消え去る。旧都(飛鳥京)への思いがその霧のように晴れていくものならばなあ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(右書)] 歌
用語 雑歌、作者:山部赤人、神丘、神奈備山、飛鳥、荒都、地名、鎮魂
タイトルとURLをコピーしました