万葉集 第3巻 326番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻326番歌はこちらにまとめました。

第3巻 326番歌

第3巻
歌番号 326番歌
作者 門部王
題詞 門部王在難波見漁父燭光作歌一首 [後賜姓大原真人氏也]
原文 見渡者 明石之浦尓 焼火乃 保尓曽出流 妹尓戀久
訓読 見わたせば明石の浦に燭す火の穂にぞ出でぬる妹に恋ふらく
かな みわたせば あかしのうらに ともすひの ほにぞいでぬる いもにこふらく
英語(ローマ字) MIWATASEBA AKASHINOURANI TOMOSUHINO HONIZOIDENURU IMONIKOFURAKU
見渡すと、遙か遠くの明石の浦に浮かぶ燭光群。その燭光のように私は彼女を恋しているのだなあ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:門部王、難波、大阪、羈旅、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました