万葉集 第3巻 387番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻387番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 387番歌

第3巻
歌番号387番歌
作者若宮年魚麻呂
題詞(仙柘枝歌三首)
原文古尓 a打人乃 無有世伐 此間毛有益 柘之枝羽裳
訓読いにしへに梁打つ人のなかりせばここにもあらまし柘の枝はも
かないにしへに やなうつひとの なかりせば ここにもあらまし つみのえだはも
英語(ローマ字)INISHIHENI YANAUTSUHITONO NAKARISEBA KOKONIMOARAMASHI TSUMINOEDAHAMO
遠い昔に梁を仕掛けた人さえいなかったならばここにも柘の枝があるだろうになあ。
左注右一首若宮年魚麻呂作
校異
用語雑歌、作者:若宮年魚麻呂、味稲、仙媛、仙柘枝、吉野、伝承、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました