万葉集 第3巻 386番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻386番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 386番歌

第3巻
歌番号386番歌
作者作者不詳
題詞(仙柘枝歌三首)
原文此暮 柘之左枝乃 流来者 a者不打而 不取香聞将有
訓読この夕柘のさ枝の流れ来ば梁は打たずて取らずかもあらむ
かなこのゆふへ つみのさえだの ながれこば やなはうたずて とらずかもあらむ
英語(ローマ字)KONOYUFUHE TSUMINOSAEDANO NAGAREKOBA YANAHAUTAZUTE TORAZUKAMOARAMU
この夕べ、柘(つみ)の枝が流れて来たら、梁を仕掛けることなく、枝を取らずじまいになるなんてことがあろうか。
左注右一首
校異
用語雑歌、仙媛、仙柘枝、吉野、伝承、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました