万葉集 第3巻 385番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻385番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 385番歌

第3巻
歌番号385番歌
作者味稲
題詞仙柘枝歌三首
原文霰零 吉<志>美我高嶺乎 險跡 草取可奈和 妹手乎取
訓読霰降り吉志美が岳をさがしみと草取りかなわ妹が手を取る
かなあられふり きしみがたけを さがしみと くさとりかなわ いもがてをとる
英語(ローマ字)ARAREFURI KISHIMIGATAKEWO SAGASHIMITO KUSATORIKANAWA IMOGATEWOTORU
あられ降る吉志美が岳が険しいので、草をつかみ、もう一方の手でしっかと彼女の手を取る。
左注右一首或云 吉野人味稲与柘枝<仙>媛歌也 但見柘枝傳無有此歌
校異<> 志 [紀][古][温] / 和 [古][紀] 知 / <> 仙 [西(右書)][紀][古][温]
用語雑歌、作者:味稲、仙媛、仙柘枝、吉野、伝承、異伝、杵島振、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました