万葉集 第3巻 404番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻404番歌はこちらにまとめました。

第3巻 404番歌

第3巻
歌番号 404番歌
作者 作者不詳(娘子)
題詞 娘子報佐伯宿祢赤麻呂贈歌一首
原文 千磐破 神之社四 無有世伐 春日之野邊 粟種益乎
訓読 ちはやぶる神の社しなかりせば春日の野辺に粟蒔かましを
かな ちはやぶる かみのやしろし なかりせば かすがののへに あはまかましを
英語(ローマ字) CHIHAYABURU KAMINOYASHIROSHI NAKARISEBA KASUGANONOHENI AHAMAKAMASHIWO
神聖な春日神社がなければ春日の野辺に粟を蒔きましょうに(お逢い出来ましょうに)。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 譬喩歌、作者:娘子、佐伯赤麻呂、地名、奈良、枕詞、植物、贈答、掛け合い、恋愛
タイトルとURLをコピーしました