万葉集 第3巻 295番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻295番歌はこちらにまとめました。

第3巻 295番歌

第3巻
歌番号 295番歌
作者 角麻呂
題詞 (角麻呂歌四首)
原文 清江乃 木笶松原 遠神 我王之 幸行處
訓読 住吉の岸の松原遠つ神我が大君の幸しところ
かな すみのえの きしのまつばら とほつかみ わがおほきみの いでましところ
英語(ローマ字) SUMINOENO KISHINOMATSUBARA TOHOTSUKAMI WAGAOHOKIMINO IDEMASHITOKORO
松の並ぶここ住吉の松原は遠い昔から神でいらっしゃる大君がおいでになった所よなあ。
左注
校異 木 [紀] 野木
用語 雑歌、作者:角麻呂、羈旅、大阪、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました