万葉集 第3巻 365番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻365番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 365番歌

第3巻
歌番号365番歌
作者笠金村
題詞(笠朝臣金村塩津山作歌二首)
原文塩津山 打越去者 我乗有 馬曽爪突 家戀良霜
訓読塩津山打ち越え行けば我が乗れる馬ぞつまづく家恋ふらしも
かなしほつやま うちこえゆけば あがのれる うまぞつまづく いへこふらしも
英語(ローマ字)SHIHOTSUYAMA UCHIKOEYUKEBA AGANORERU UMAZOTSUMADUKU IHEKOFURASHIMO
塩津山を越えていくとき私が乗っている馬がつまづいた。馬までが故郷の家を慕っているらしい。
左注
校異
用語雑歌、作者:笠金村、滋賀県、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました