万葉集 第3巻 425番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻425番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 425番歌

第3巻
歌番号425番歌
作者山前王
題詞((同石田王卒之時山前王哀傷作歌一首)或本反歌二首)
原文河風 寒長谷乎 歎乍 公之阿流久尓 似人母逢耶
訓読川風の寒き泊瀬を嘆きつつ君が歩くに似る人も逢へや
かなかはかぜの さむきはつせを なげきつつ きみがあるくに にるひともあへや
英語(ローマ字)KAHAKAZENO SAMUKIHATSUSEWO NAGEKITSUTSU KIMIGAARUKUNI NIRUHITOMOAHEYA
寒風の中私は川辺を嘆きつつ歩き回っている。けれどもかっては共に歩いた、あなたが歩く姿に似た人にさえ出会わない。ああ。
左注右二首者或云紀皇女薨後山前<王>代石田王作之也
校異<> 王 [西(右書)][古][矢]
用語挽歌、石田王、作者:山前王、異伝、難解、桜井、地名
タイトルとURLをコピーしました