万葉集 第3巻 240番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻240番歌はこちらにまとめました。

第3巻 240番歌

第3巻
歌番号 240番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (長皇子遊猟路池之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])反歌一首
原文 久堅乃 天歸月乎 網尓刺 我大王者 盖尓為有
訓読 ひさかたの天行く月を網に刺し我が大君は蓋にせり
かな ひさかたの あめゆくつきを あみにさし わがおほきみは きぬがさにせり
英語(ローマ字) HISAKATANO AMEYUKUTSUKIWO AMINISASHI WAGAOHOKIMIHA KINUGASANISERI
空を渡って行く月を網でさしかけ、そのまま大きな傘にされていらっしゃる。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、長皇子、大君讃美、枕詞
タイトルとURLをコピーしました