万葉集 第3巻 455番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻455番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 455番歌

第3巻
歌番号 455番歌
作者 余明軍
題詞 (天平三年辛未秋七月大納言大伴卿薨之時歌六首)
原文 如是耳 有家類物乎 芽子花 咲而有哉跡 問之君波母
訓読 かくのみにありけるものを萩の花咲きてありやと問ひし君はも
かな かくのみに ありけるものを はぎのはな さきてありやと とひしきみはも
英語(ローマ字) KAKUNOMINI ARIKERUMONOWO HAGINOHANA SAKITEARIYATO TOHISHIKIMIHAMO
こんなことにおなりになるとは知らず、萩の花は咲いただろうか、とおたづねでしたね。
左注 (右五首資人<余>明軍不勝犬馬之慕心中感緒作歌)
校異
用語 挽歌、作者:余明軍、大伴旅人、奈良、地名、植物、追悼、天平3年7月、年紀
タイトルとURLをコピーしました