万葉集 第3巻 391番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻391番歌はこちらにまとめました。

第3巻 391番歌

第3巻
歌番号391番歌
作者沙弥満誓
題詞造筑紫觀世音寺別當沙弥満誓歌一首
原文鳥総立 足柄山尓 船木伐 樹尓伐歸都 安多良船材乎
訓読鳥総立て足柄山に船木伐り木に伐り行きつあたら船木を
かなとぶさたて あしがらやまに ふなぎきり きにきりゆきつ あたらふなぎを
英語(ローマ字)TOBUSATATE ASHIGARAYAMANI FUNAGIKIRI KINIKIRIYUKITSU ATARAFUNAGIWO
鳥総(とぶさ)が立ててあるから足柄山に船木を切りに行ったのだろう。どこのどいつか知らないが船木にするといい木を、ただの材木として切りおった。
左注
校異
用語譬喩歌、作者:沙弥満誓、恋愛、地名、太宰府、福岡
タイトルとURLをコピーしました