万葉集 第3巻 306番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻306番歌はこちらにまとめました。

第3巻 306番歌

第3巻
歌番号 306番歌
作者 安貴王
題詞 幸伊勢國之時安貴王作歌一首
原文 伊勢海之 奥津白浪 花尓欲得 L而妹之 家L為
訓読 伊勢の海の沖つ白波花にもが包みて妹が家づとにせむ
かな いせのうみの おきつしらなみ はなにもが つつみていもが いへづとにせむ
英語(ローマ字) ISENOUMINO OKITSUSHIRANAMI HANANIMOGA TSUTSUMITEIMOGA IHEDUTONISEMU
伊勢の海の沖の白波が花であったなら、包んで妻への手土産にもって帰りたい。
左注
校異
用語 雑歌、作者:安貴王、羈旅、望郷、伊勢、三重、地名
タイトルとURLをコピーしました