万葉集 第3巻 306番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻306番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 306番歌

第3巻
歌番号306番歌
作者安貴王
題詞幸伊勢國之時安貴王作歌一首
原文伊勢海之 奥津白浪 花尓欲得 L而妹之 家L為
訓読伊勢の海の沖つ白波花にもが包みて妹が家づとにせむ
かないせのうみの おきつしらなみ はなにもが つつみていもが いへづとにせむ
英語(ローマ字)ISENOUMINO OKITSUSHIRANAMI HANANIMOGA TSUTSUMITEIMOGA IHEDUTONISEMU
伊勢の海の沖の白波が花であったなら、包んで妻への手土産にもって帰りたい。
左注
校異
用語雑歌、作者:安貴王、羈旅、望郷、伊勢、三重、地名
タイトルとURLをコピーしました