万葉集 第3巻 462番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻462番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 462番歌

第3巻
歌番号462番歌
作者大伴家持
題詞十一年己卯夏六月大伴宿祢家持悲傷亡妾作歌一首
原文従今者 秋風寒 将吹焉 如何獨 長夜乎将宿
訓読今よりは秋風寒く吹きなむをいかにかひとり長き夜を寝む
かないまよりは あきかぜさむく ふきなむを いかにかひとり ながきよをねむ
英語(ローマ字)IMAYORIHA AKIKAZESAMUKU FUKINAMUWO IKANIKAHITORI NAGAKIYOWONEMU
これから秋風が寒く吹く時節を迎えるのにどのようにしてひとり長い夜を寝たらよかろう。
左注
校異歌 [西] 哥 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:大伴家持、妾、亡妻挽歌、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました