万葉集 第3巻 339番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻339番歌はこちらにまとめました。

第3巻 339番歌

第3巻
歌番号 339番歌
作者 大伴旅人
題詞 (<大>宰帥大伴卿讃酒歌十三首)
原文 酒名乎 聖跡負師 古昔 大聖之 言乃宜左
訓読 酒の名を聖と負ほせしいにしへの大き聖の言の宣しさ
かな さけのなを ひじりとおほせし いにしへの おほきひじりの ことのよろしさ
英語(ローマ字) SAKENONAWO HIJIRITOOHOSESHI INISHIHENO OHOKIHIJIRINO KOTONOYOROSHISA
酒の名を聖(ひじり)と名付けた昔の聖人がいる。まさに至言だね。
左注
校異
用語 雑歌、作者:大伴旅人、讃酒、太宰府、奈良、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました