万葉集 第3巻 414番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻414番歌はこちらにまとめました。

第3巻 414番歌

第3巻
歌番号 414番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持歌一首
原文 足日木能 石根許其思美 菅根乎 引者難三等 標耳曽結焉
訓読 あしひきの岩根こごしみ菅の根を引かばかたみと標のみぞ結ふ
かな あしひきの いはねこごしみ すがのねを ひかばかたみと しめのみぞゆふ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO IHANEKOGOSHIMI SUGANONEWO HIKABAKATAMITO SHIMENOMIZOYUFU
山の岩の根元にしっかりからみついて、引いてもかたくて抜けないので標縄を張るだけにしました。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 譬喩歌、作者:大伴家持、枕詞、植物、恋愛
タイトルとURLをコピーしました