万葉集 第3巻 413番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻413番歌はこちらにまとめました。

第3巻 413番歌

第3巻
歌番号 413番歌
作者 大網公人
題詞 大網公人主宴吟歌一首
原文 須麻乃海人之 塩焼衣乃 藤服 間遠之有者 未著穢
訓読 須磨の海女の塩焼き衣の藤衣間遠にしあればいまだ着なれず
かな すまのあまの しほやききぬの ふぢころも まどほにしあれば いまだきなれず
英語(ローマ字) SUMANOAMANO SHIHOYAKIKINUNO FUDIKOROMO MADOHONISHIAREBA IMADAKINAREZU
須磨の海女が塩を焼くとき着る藤の作業着、ごわごわした目の粗い着物なので、たまにしかまとう機会がなく、女の味はまだよく分からんのよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 譬喩歌、作者:大網公人、宴席、誦詠、兵庫、地名
タイトルとURLをコピーしました