万葉集 第3巻 424番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻424番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 424番歌

第3巻
歌番号 424番歌
作者 山前王
題詞 (同石田王卒之時山前王哀傷作歌一首)或本反歌二首
原文 隠口乃 泊瀬越女我 手二纒在 玉者乱而 有不言八方
訓読 こもりくの泊瀬娘子が手に巻ける玉は乱れてありと言はずやも
かな こもりくの はつせをとめが てにまける たまはみだれて ありといはずやも
英語(ローマ字) KOMORIKUNO HATSUSEWOTOMEGA TENIMAKERU TAMAHAMIDARETE ARITOIHAZUYAMO
泊瀬娘子(はつせをとめ)が手に巻いている玉の紐が切れて乱れているというではありませんか。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 挽歌、石田王、作者:山前王、異伝、枕詞、桜井、地名
タイトルとURLをコピーしました