万葉集 第3巻 299番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻299番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 299番歌

第3巻
歌番号299番歌
作者大伴旅人
題詞大納言大伴卿歌一首 [未詳]
原文奥山之 菅葉凌 零雪乃 消者将惜 雨莫零行年
訓読奥山の菅の葉しのぎ降る雪の消なば惜しけむ雨な降りそね
かなおくやまの すがのはしのぎ ふるゆきの けなばをしけむ あめなふりそね
英語(ローマ字)OKUYAMANO SUGANOHASHINOGI FURUYUKINO KENABAWOSHIKEMU AMENAFURISONE
奥山の菅の葉に覆い被さって降り積もった雪が消えるのは惜しい。なので雨よ降らないでおくれ。
左注
校異歌 [西] 謌
用語雑歌、作者:大伴旅人
タイトルとURLをコピーしました