万葉集 第3巻 421番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻421番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 421番歌

第3巻
歌番号421番歌
作者丹生王
題詞(石田王卒之時丹生王作歌一首[并短歌])反歌
原文逆言之 狂言等可聞 高山之 石穂乃上尓 君之臥有
訓読およづれのたはこととかも高山の巌の上に君が臥やせる
かなおよづれの たはこととかも たかやまの いはほのうへに きみがこやせる
英語(ローマ字)OYODURENO TAHAKOTOTOKAMO TAKAYAMANO IHAHONOUHENI KIMIGAKOYASERU
ああ我が君が高山の巌の上に伏せっているなんて、冗談、そう、そらごとに決まっているわよね。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、石田王、作者:丹生王、哀悼、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました